法人用の名刺にはどんなことが求められているのかをご説明します

法人用の名刺は、その法人の企業体質や理念などを表すと同時に、顧客からのイメージを決定づける重要な意味合いを持ちます。このアイテムを使用するのはご挨拶の機会が多い代表や重役の方、そして外部との窓口になることが多い役職つきの社員や営業職の方がメインになりがちなものですが、持つ人が企業のイメージを左右することもあるように、法人名刺が持つ人のイメージを左右することもあります。つまり、法人名刺はそのまま会社の重みを体現しているということもできるでしょう。そう考えてみると、法人名刺の担う役割は自ずと見えてくるのではないでしょうか。名刺という、あのほんの小さな紙切れは、マーケティングにおけるプロモーション活動のひとつであると捉えることもできます。会社のイメージを決定づけるビジネスアイテムとして、しっかりとその役割を把握しておきましょう。

提供できるサービスや商品への信頼感を高める

信頼関係で成り立っているビジネス上の関係は、ほんの些細なきっかけで崩れてしまうこともありますね。とは言え、名刺の出来ひとついかんでビジネス関係が瓦解するという可能性はまずもって考えられないことですが、取引先の関係者の名刺はしょっちゅう目にする機会があり、その名刺の持っているイメージがそのまま取引先企業のイメージと重なりがちなことは紛れもない事実です。近頃は、二次元的デザインがもたらす視覚効果によるイメージ戦略にある一定の効果があることは、ビジネスにおいても常識となってきました。そういった観点から見てみても、まず企業が一番押し出したいイメージをデザインに組み込むことによって、相手からの信頼感や安心感に昇華できる名刺のデザインは、その後の取引の鍵を握る可能性もあります。顧客が求めている信頼とは何かを見極め、デザインに落とし込んでいきましょう。

業種によって求められていることは変わる

法人名刺に求められていることは、まず信頼感や安心感を抱いてもらうことです。しかし、いざデザインを考えるとなると、業種や職種によってかなりアピールポイントが違ってくることはお解りになりますね。例えばそれがセンスや遊び心を要求されるデザイン系の企業なら、いくら信頼感を求められるものと言ってもあまりに固すぎるデザインは相応しくありません。また、人間らしいあたたかさや優しさを求められるキッズ商品の販売店などで、妙にスタイリッシュな光沢のあるオシャレな名刺を出されても、お客様は首を傾げてしまうことでしょう。こうして考えてみると、法人名刺は仕事に向かう服装とよく似た存在であることに気がつきます。名刺にもそれぞれTPOがあり、その職種に相応しい装いがあると思えば、自然とその企業における法人名刺に求められている役割は解ってくるに違いありません。一般論ばかりを気にするのではなく、自分の会社がお客様に何を求められているかを第三者視点で見極めることのできる、柔軟な発想が大切です。